STRIKIN' BACK!!


by blinkey
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

何でもケチつける圧力人権団体

六曜記載、人権配慮欠く 大津市が手帳全面回収
職員手帳に六曜記載「人権配慮欠く」

六曜っていうのはいわゆる「大安」とか「仏滅」とかいうやつだけど、こういう人権団体にかかれば六曜の存在が人権侵害にあたるとのこと。非科学的であるということは理解できるけど、それを人権に結びつけるあたり、普通の人間の考えがおよばない、この手の団体の独自の思考。

市長も六曜の記載を復活するって決めたんなら、こういう声の大きい圧力団体の行動くらい予想して覚悟の上でやればいいのに。

なぜ人権侵害になるのか記事では全く理解できなかったので、説明を探してみた。
六曜迷信と差別解消への行動
読んでもやっぱりよく理解できないw
迷信である、ということはわかるけど、「あらゆる差別と密接につながっている」ってのはやっぱり無理やりくさい。

こういった「社会を平板化しよう」って思想の出所は全部同じ。言葉狩りしかり。

「六曜」や「三隣亡」、「血液型」など、根拠に乏しい迷信が、現在の科学技術の進歩した日本社会に現存することは、反対の立場から見ると、それが存在することによって「利益」を得る者が存在し、その者が巧みにこのことを利用しているのではないかと言えるです。迷信を信じ、或いは捨てきれずにいる精神文化は、まさにあらゆる差別を温存助長していることに密接につながっているのです。

って書いてあるけど、こういう人たちこそが普通の人が気がつきもしない「差別」をあげつらって「被差別者」のフリをして「利益」を得ているとしか思えない。
[PR]
by blinkey | 2005-02-12 21:02 | ニュース・社会