STRIKIN' BACK!!


by blinkey
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

米国機密文書って本当に全部公開してる?

アメリカとかイギリスとかって外交上の機密文書などを50年だか何十年だかで公開するっていう慣例のようなものがある(日本にもあるみたいだけど運用はかなり怪しい)。自浄の機能にもなるし、民主主義というか政治が成熟している証拠だな、と感心していた。でもこの記事を読んで本当にすべての文書を公開しているのだろうか疑問に思った。
【参考URL】天皇を「平和の象徴」に 米国機密文書で判明

当然こういう計画もあったと考えるが、順番に機密文書が公開されるとすれば、これ以前の例えば、

「戦争責任を天皇に負わせ退位させ、日本における天皇制を廃止する計画」
「日本人の精神的支柱となっている靖国神社を爆破解体することの是非」

などの議論に関しての機密が無かったとはとても思えない。
実際例えば靖国に関してはキリスト教司教などに意見を伺った資料もあるようだし。
(すでに上記の例のような機密文書が公開されているのに私が知らないだけなら、すみません)

本当にすべてが公開されるのをもちろん期待する。もし公開されれば日本は助かることの方がかなり多いと思う。当然アメリカや中国には不利益な内容がたくさん出るだろうから、出てくる期待はあまりしてないが。

「象徴」天皇制に関しては、自ら剣をふるった中大兄皇子の時代や明治維新~昭和時代を除けば、日本史のほとんどの時期は「象徴」であったわけで、「象徴」天皇制をアメリカが根付かせ日本人をうまく導いたと考えているとしたら噴飯ものだ。まあこの記事は”戦後”日本の象徴天皇制、と書いてあるから間違ってないけれども。

この件とは直接関係無いが、ブッシュがしきりにイラク攻撃に関して、

「アメリカが、かつての日本にしたようにイラクにも民主主義を根付かせる」
「昔敵だった日本と今はこんなに友好的だ。イラクとも同様の関係になることが可能」

ということを事あるごとに強調しているが、このことも日本における天皇というものに関する認識が根本的にできてないことを感じさせられる。一番簡単に言えば、イラクに天皇はいないから同じようにはいかないよ、ということになるか。
[PR]
by blinkey | 2004-11-07 23:32 | ニュース・社会