STRIKIN' BACK!!


by blinkey
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2005年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

新たな親日派韓国人登場

中国・韓国・北朝鮮のニュースはおなかいっぱいで最近触れてませんでしたが、久々に。
まあいつものようなゆすり・たかり系じゃないニュースだからというのもありますが。

【参考URL】
日本を馬鹿にする国は地球上で韓国しかない(朝鮮日報)
韓国有名タレント“親日派宣言” 著書で偏見と誤解指摘(産経新聞)

「ポルノ~~」のくだりとか多少理解しづらい部分もありますがw、めったに韓国関係のニュースで聞くことのできない親日的な言葉が並んでいます。朝鮮日報が扱ってるあたり、この人は結構な有名人で、扱わざるを得ないくらいの反響が韓国にあるのでしょう。

ただまだ「韓国は変わった」とか油断してはいけないと思います。この人は有名人のようですが、政治家や学者ではないので、それなりに自由に発言できているのだと想像します。

思い出すのは、少し前に「親日派のための弁明」というような本を出したキムワンソプは、内容の深さは違いますが、日本への渡航の自由を奪われたり、本が発禁になったりしました。

最近は日本でも韓国関連のニュースが韓流ブームに関連してとても多くなってますね。
仕掛けた人や煽っている人がみえみえの韓流ブームとやらに、私は非常に懐疑的でしたが、韓国の「好かれて悪い気はしない」心理かどうか、日韓の友好度が上がってるとの報道もあり、「草の根交流効果あり?それはそれでOK」と思うようになりました。今では「韓国芸能人ニュースを見るたびに精神衛生上良くなかった」状態をようやく脱することができましたw。まあ「友好度が上がった」という調査報道自体が韓流ブームを煽るちょうちん報道のような気もしますが・・・。

韓国人が親日派であることを公言するだけでニュースになる時期が早く終わればいいですね。せめて友好度が日本と台湾くらいになれば・・・、うーむ遠そう。
[PR]
by blinkey | 2005-01-21 00:13 | ニュース・社会
The Malibu 9←ここクリックでプレイできます。

たったの1面(EPISODE 1)しかできません。自動スクロールなので正味4分程度です。
ただ操作キーが数字キー(テンキーでもいいですがやりづらくなります)というところがちょっと面白い。1面だからか簡単で、この後どうなるのか非常にプレイしたいのですが、クリア後に「2面は6月まで待て!」とのメッセージが・・・。どういうこと?w
[PR]
by blinkey | 2005-01-18 22:40 | ゲーム
前に絶滅寸前だった日本のトキが60羽近くに増えたという話があったけど、中国のパンダの方も一応順調に増えている模様。

ただ増えたと言っても甘粛省で102頭に、中国全体で約1600頭くらいということで、人間が13億人いるのに、パンダは頑張れば数えることができる程しかいない。

ひるがえってパンダの仲間であるクマに関しては、昨年はニュースになりまくりでしたね。日本全国に出没しているようなイメージがありますが、九州ではここ最近確認されておらず絶滅したと見られているようです。日本のクマ(本州以南のツキノワグマ)も捕獲・駆除などにより、数は減少し現在生息数は8400頭~12600頭とおおまかに推定されているとのこと。一見それなりの数がいるように見えますが、各地のクマのコミュニティの個体数としては西日本を中心に地域個体群絶滅の危機にあるようです。

現在彼らは冬眠中で問題のあるニュースは出てこないわけだけれども、なんとか共存できんもんかね~。(・(ェ)・)

【参考URL】
パンダの生息数増加 中国甘粛省
クマ出没最新情報
日本全国クマデータ
[PR]
by blinkey | 2005-01-18 01:46 | 動物と自然
基本的にこのブログは私事をあまり書かないネタ用のブログのつもりですが、どこかに記録を残しておきたかったので書きます。

私は外国のミニ動物園に半年くらいステイしていたこともあり、いろいろな動物の死や病気や怪我を見てきました。羊・馬・豚・にわとり・小鳥・ねずみなどいろいろです。その経験もあって人間や動物などの死に対しては多少慣れたような気になってましたが、やはり慣れるようなものではないですねw。

「生物は必ず死ぬ」といったような自然の論理を頭ではわかっていても、その時々で悲しさというか、はかなさを感じる気持ちを新たにしてしまいます。人間の死に関しての場合については人より経験が多いわけではないので多くは語れませんが、動物の場合に関して言うと、相手が物言わぬ存在であるだけに、人間の勝手な思い込みも手伝って、また違った感情を抱くように思います。

私の手のひらにおさまっている小さなインコの死んだ姿は、昨日までピーピーうるさく時には強烈に指を噛んできた元気な姿とほとんど変わりませんでした。違うのは、今までは反撃にあって触れることができなかった顔などの部分に触れることができたことくらいです。

号泣してしまうような悲しみに包まれることはない一方ただ、鳥かごで動いていた存在が今は庭の土の中に冷たくなって自然に返るのを待っているという事実は、喪失感のようなものとともに生物の生と死というものについて何かしら感じざるを得ません。

ま、あまり難しい話になると文章を締められなくなるのでこの辺にしときますがw、人間で言えば、一般的により死に近い存在であるお年寄りを大切にする、動物で言えば、無益な殺生をせず(ムカデとゴキブリには容赦ないですが・・)、時々は肉を食べるときには感謝し、ペットの場合には、人間の自己満足ではなくそのペットに合ったよい環境で過ごさせてあげる、ことくらいを改めて心に留めておこうと思います。

ピーちゃんのご冥福を祈ります。
[PR]
by blinkey | 2005-01-17 02:06 | 動物と自然
ビートルズファンを自称していた私ですが、ポールの今の奥さんはHEATHER MILLSという名前だとこの記事で知りました。有名な元夫人のリンダはよく知っているのですが・・・。

【参考URL】McCARTNEY MISTAKEN FOR LENNON(英文)

マンハッタンの大通りを夫婦でぶらぶらしてる時に、通りすがりの十代の少年が「ジョンレノンだ、ジョンレノンだ」とポールに向かって叫んだ。それを悪意にとった夫人は、「違うわ、このバカ。彼(ジョン)は死んでるでしょ!」と怒鳴り返したとのこと。

大人げない気もするけど、人違いをされると誰でもいい気分はしないのは理解できるかな。
「私はポールと結婚したんだから。いくら元メンバーだからといってあんな変なジョンなんかと間違えないで」と思ったのかどうかw

先日、ヤンキースに入団が決まったランディジョンソンが同じくニューヨークの道端でカメラマンに切れてる映像を見たけど、ニューヨークでは有名人は傲慢になり殺伐としてたりして・・・。
[PR]
by blinkey | 2005-01-13 22:59 | ニュース・社会
【参考URL】
ネズミが2カ国語を区別?人と猿以外の哺乳類で初
ネズミが言語聞き分けた!? 日本語とオランダ語

記事の内容は内容として面白いけど、いくつか関連して興味があること。

・なぜ「猿」の次が「ネズミ」なのか?

もっとかしこい哺乳類いそうだけど。例えば犬とか。
他の実験でもよく使われるラットだから、実験に使う場合のノウハウがたくさんあるのか、サンプルをたくさん確保した方が実験の成果や傾向を得られやすいからなのか、比較的成長が早いからか。64匹のラット、と記事中にあるけど、犬を64匹飼うのはなかなか大変そうだから、やっぱりその辺の現実的な理由から?!

・なぜオランダ語と日本語?

実験をしたのはスペインの研究チームだけどスペイン語ではない。
オランダ語と日本語、この二つの言語は音声的にかなり違うのかな?

オランダ語については何の知識も無いので・・・。やたら長い名前の人をよく見かける気がする。水泳のピーター・ファン・デン・ホーヘンバンドとかサッカーのファン・ホーイドンクとか。関係無いか・・・。

日本語については、母音がたくさん使われていて特徴的だとかはよく聞く。ともかくヨーロッパ系の言語とはかなり異なるということで選ばれたのだろう。

このニュースは哺乳類限定だけど、鳥類なんて入れたら、また面白い実験になるかも。
オウムやインコなどが「オハヨー!」「コンニチハ!」っていうのを当たり前だと思っていて、海外で「Hello!」とか「Good-bye!」っていうオウムに出会って、鳥にも「生まれ育ち」があるんだなあと当たり前のことを認識したことを思い出します。
[PR]
by blinkey | 2005-01-12 22:14 | 動物と自然

動物の第六感

よく語られることだけど、人間以外の動物の第六感ってやっぱりすごい。
今回のスマトラ沖地震による津波でも、難を逃れたたくさんの動物の情報が出ています。

Where are all the dead animals? Sri Lanka asks(英文)

タイでゾウが津波を予告?…激しい叫び声上げる

上の記事によると、象などの大型の動物はおろか小さなウサギなどすら一つの死骸も見つからないようです。

個人的な経験ではつい先日も小さな地震を感じたのですが、その際には飼っているインコが、その地震のほんのちょっと前からかごの中でまず乗っかり棒から落下するような音がして(笑)、何だ?と思ってみているとその後暴れました。と同時に地震が起こったという感じ。

人間は最初からそのような感覚は持ち合わせてなかったのか、科学の進歩とともに失われたのかわかりませんが、うらやましい能力ではあります。

この動物の第六感とは関係ないけど、犬って電話がかかってきたら音が鳴る前でも気がつくね。
[PR]
by blinkey | 2005-01-04 22:20 | 動物と自然